【フィリッププレイン】マックスマーラ 2017年秋冬コレクション – 北欧の刺激は真実への探求心をくすぐる

フィリッププレイン

マックスマーラ(Max Mara)の2017-18年秋冬コレクションが、2017年2月23日(木)イタリアミラノで発表された

 

今シーズンは、スウェーデンで生まれた「誠実さこそ美の源である」という思考からインスピレーションを得た北欧文化の代表インテリアにも影響を与えたこの考え方は、素材そのものの持ち味を存分に生かすというものマックスマーラは、ここを起点に、イタリアの伝統的なサルトリアに北欧らしい趣を加え、今シーズンを進めているフィリッププレイン 靴 コピー

キャメル、グレー、そして鮮烈な赤といった、マックスマーラを代表するカラーがランウェイを訪れるそれぞれの個性を尊重するかのように、どのルックもワントーンでコーディネートそのため、シアリングの立体感やケーブルニットの編地、カシミヤの光沢感など、素材の個性が際立ってるフィリッププレイン スニーカー コピー

 

デザインはシンプルに、オーセンティックなエレガンスを追求中核となるのは、アイコンであるコートで、シアリングやニットなど新鮮な素材をぶつけ、フィット感やシルエットにこだわり抜いたクラシックなピースにモダンさを投じる

スタイリングしたのは、タイトスカートやハイネックニットピンストライプのスーツやワイドパンツといったマスキュリンなウェアや、フーディ型のジャンプスーツ手袋といった遊び心溢れるアイテムが、豊かなリズムを生むレイヤードは控えめな印象でロングスリーブトップスに、ニットベストやベアドレスを合わせる程度全体的にスッとしたシルエットのためか、ウエストラインからプリーツを配した新デザインのフレアスカートが、より一層優美に感じられる