【ドルチェ&ガッバーナ】FWK バイ エンジニアド ガーメンツ 2016年秋冬コレクション – 重ねて紡ぐ洋服への想い

ドルチェ&ガッバーナ

FWK バイ エンジニアド ガーメンツ(FWK BY ENGINEERED GARMENTS)が2016-17年秋冬コレクションを発表あたたかみのある素材とグレーやブラックといったカラーで紡ぐ今季は、いくつものアイテムをレイヤードさせたスタイルがキーとなった

 

コートにパーカーとシャツ、さらにはベストまでもを合わせ、ミモレ丈のワンピースにトラウザーを重ねて築く今シーズン幾枚にも折り重なるファブリックはヘリンボーンやコーデュロイ、ポリエステルのような合繊と様々だが、カラーを統一することで融合されている

ハリのあるフラットな素材と柔らかなドットの素材を用いたリバーシブルのステンカラーコートは、その融合を楽しめる1枚二面性のあるコーディネート提案は面白く、コートをフォーマルに見せるならフード付きのプルオーバー、カジュアルにみせるならピンストライプのスーツといった具合だ

 

そういった着こなしの転換は全てに共通するものキルティング加工のベストとライン入りのパーカーでスポーティーに、カーキのワークパンツにファーベストでアウトドアにと、重ねる愉しさは後を絶たなかった

層を厚くする中で、密かに大きな役割を果たしていたのは見慣れたボタンだろう大判のストールは、掛け方を変えることでアシンメトリーのベストとしてさらりと羽織れたり、ラップスカートのように腰に巻くことができたりドルチェ マフラー コピーコーデュロイやウールで提案されたスカートも同じで、前中央に列をなして配されたボタンを段違いに留めればボリュームある変型に早変わりするいつもどおりに存在しながら、全てのワードローブにおいて深みと厚みを出していたドルチェ スニーカー コピー